中山競馬場芝1200mの特徴・傾向|攻略法・有利な脚質とは?

≫ 【無料】, の予想はこちら

中山競馬場 芝1200m

中山競馬場,芝1200m

コースの特徴・傾向

中山の芝1200mは2コーナーを回りきって向正面に入ったところからスタートとなる。「おにぎり型のコース」とよく言われるが、ちょうどおにぎりのテッペンからスタートするかたちになる。ここは山の頂上でもあり、ここから500mほど一気に駆け下りるレイアウトとなっている。そのため、テンは速くなる傾向にある。

3コーナーまでの距離は275mと少ないが、もはやコーナーというより直線に近い緩いカーブとなっているので、屈指の高速コーナーとなっている。

しかし4コーナーではいきなり急カーブとなっており、最後は310mという短めの直線と、高低差2.2mの急坂を一気に駆け上がるという非常にタフなコースとなっている。

中山芝1200mの攻略法|有利な脚質は?

スタートから一気に阪を駆け下りるため、テンが速くなるのは仕方がない。逃げ馬は勢い良く行っても直線の上り坂でバテるケースが多い。逃げ切りは決まりにくい。

いかに緩い3コーナーでコースロスなく内を回ってこれるかが重要となる。前に行ける馬の中でも内を回ってこれる馬が有利と言えるだろう。内枠が有利というより内を回れる馬が有利なので履き違えないようにしよう。

差し馬の場合は直線の短さと急坂で決まりにくい傾向にある。しかし差し馬でも内を回って馬群を捌ける馬は要注意。とくに前が競り合うようになるとより決まりやすい。後ろ過ぎても決まらないので、狙うなら中団から進められて差せる馬が良い。

主な開催レース

スプリンターズS(G1)

 
スプリンターズS(2016)3連単の予想

昨年2015年は1番人気ストレイトガールと11番人気のサクラゴスペルを軸に見事に3連単を的中!安田記念ぶりのサクラゴスペルの仕上がりが良く、内めの好枠に入るも11番人気と低評価だった。中山巧者だし買い時を逃さずストレイトガールと2頭軸に。

   201510041506  

ミッキーアイルが道中かかっていたのでどうかと思ったが、最後は逆にウキヨノカゼが来てくれて高配当に拍車をかけてくれた。ヒモ荒れに期待した組み方だったのでこれは嬉しい的中。夏調子良かったウリウリ、ベルカントを思い切って切った甲斐があり、少点数で決めることが出来た。結果4着まで的中させるという文句なしの予想だった。

  

今年は高松宮記念とセントウルSを2連勝中のビッグアーサーが圧倒的人気を集めそうである。順当に考えればこの馬が軸で間違い無さそうだ。今年も参戦のミッキーアイルは高松宮記念以来の休み明け、ベルカントはサマースプリントシリーズ優勝で今年も夏活躍したが、やはり今年も疲れが心配。

 

レッツゴードンキソルヴェイグなど妙味ありそうなところも面白そうだ。さて、今年はどう組み立てるか。どこから買おうか迷ってしまうスプリンターズステークス2016。今年も3連単で勝負だ。

  

3連単の買い目を無料で配信しているサイトで筆者も参考にしているサイトがあるので↓にリンクを載せておく。毎週重賞レースの展望も無料で配信しているので読み物としても楽しめる。良かったら参考にしてみると良い。

≫ 【無料】, の予想はこちら

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。